介護タクシーとは?
料金や利用方法
について紹介

  • 有料老人ホーム有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホームグループホーム
  • 高齢者向け分譲マンション高齢者向け分譲マンション

何らかの要因で障がいを抱えてしまい、外出が容易にできなくなってしまった人に向けた介護サービスが「介護タクシー」です。

この介護タクシーによって、多くの要介護者の外出機会を増やせるようになったと考えられています。

ただ、まだ介護タクシーの実情を知らない人も少なくありません。

そこで本記事では、介護タクシーの存在を知るための情報をまとめてみました。

こちらの記事を参考に、ぜひ介護タクシーの利用を検討してみてください。

特別養護老人ホーム(特養)の特徴と入居する際の条件

介護タクシーは介護が必要な人が利用するタクシー

介護タクシーとは、「日常生活で、介護が必要な人が利用できるタクシー」のことです。

一般的なタクシーとは車内の構造が異なり、利用者は車いすやストレッチャーに乗ったまま乗車できるようになっているのが特徴です。

また、運転手が介護士関連の資格を持っており、介護タクシー利用者の乗降介助を行えるという点も介護タクシーの特徴です。

このサービスは、訪問介護サービスの1つとして近年需要が高まっており、1人で外出が難しい利用者さんにとっては、QOL(生活の質)を向上させる一助となっています。

介護タクシーの利用目的と対象者

では、具体的にどのような人が介護タクシーを利用できるのでしょうか。

実は介護タクシーの利用対象者や目的は、介護保険が適用されているかどうかで異なります。

それぞれの特徴から、どちらを選んだ方が日常生活をより豊かにできるかを考えてみましょう。

介護保険適用の介護タクシーの場合

介護保険が適用される介護タクシーの対象者は「自宅、ケアハウス、サービス付き高齢者住宅で日常生活を営む、1人でバス・電車などの公共交通機関に乗れない“要介護”1~5の人」です。

介護重要度には「要支援」も含まれますが、介護保険適用の介護タクシーには要支援認定されている人は入らないので注意しましょう。

また、介護保険適用の介護タクシーの場合、家族の同乗は原則として認められていません。

介護タクシーの利用目的は、単なる移動手段ではなく介助を行うことも含まれますので、介助可能な家族がいる場合、「サービスは不要」と判断されてしまうのです。

ちなみに、介護保険適用の介護タクシーは利用目的も以下のように限定されます。

  • ・自身が出向かないといけない買い物(補聴器・補装具・眼鏡など)
  • ・病院への送迎
  • ・役所への申請や届け出、選挙投票
  • ・預金の引き下ろし

以上のことから、趣味嗜好目的で介護保険適用の介護タクシーを利用することはできません。

介護保険適用外の介護タクシーの場合

一方、介護保険適用外の介護タクシーは、利用対象も目的も幅が広い傾向にあります。

介護保険適用の介護タクシーの利用対象者が「要介護1~5の人」だったのに対し、介護保険適用外の場合は要支援の方も対象です。

また家族の同乗も可能となります。

サービス目的の幅も、以下のように広がります。

介護保険適用タクシーの利用目的に加えて、

  • ・趣味嗜好のための外出
  • ・日用品以外のものも含む買い物
  • ・病院の入退院に関する一次利用

ただし、料金は全額自費となるので、注意が必要です。

介護タクシー利用料金の考え方

介護タクシー利用料金の仕組み

介護タクシーの利用料金は、原則として「タクシー運賃」「介助費」「介護機器レンタル費」の3つで構成されています。

この中で介護保険が適用されるのは「介助費」のみで「タクシー運賃」や「介護機器レンタル費」は全て自費となるので料金を計算する際は注意しましょう。

では、それぞれの具体的な考え方を紹介します。

タクシー運賃

タクシー運賃の考え方は、時間制と距離制の2つに分かれています。

料金の詳細は業者ごとに異なりますが、多くの場合以下のような設定をしていることが多いでしょう。

・時間制の場合

○○分ごとに1500円、もしくは○○分まで500円そこから30分延長ごとに1500円

・距離制の場合

○○キロまで1000円そこから1キロごとに300円ずつ追加

また業者によっては1日貸切りプランを設定しており、冠婚葬祭などで長時間利用する際は、このようなプランを設定している業者を選んだ方が安く済む可能性があります。

介助費用

保険が適用される乗降介助の場合は、自己負担1割が適用され1回100円前後(送迎2回分で約200円)と考えられています。

ただ、介護保険適用外の介護タクシーを利用する場合は、介助費もすべて自費となるため、介助料金を明記してあるところを選ぶべきでしょう。

介護機器レンタル費

介護機器レンタル費は全額自己負担となるため、業者ごとに設定されている料金を見比べて利用するかどうかを決めましょう。

ポイントは、なるべく幅広い種類の機器をレンタルしている業者を選ぶことです。

いざというときに、レンタルできる機器が少ないと外出すること自体が困難になる可能性があるためです。

介護タクシーの利用方法

介護保険適用の介護タクシーを利用する場合は、あらかじめケアマネジャーにケアプランを組んでもらう必要があります。

介護タクシーを利用するタクシーを会社もケアマネジャーが選んでくれるので、必ず要望や予算感も伝えましょう。

ただ、依頼をかけたからといって、必ずしも介護タクシーが100%利用できるとは限りません。

必要な根拠を提示する必要があるので、なぜ必要なのかを利用する側も把握し、話せるようにしておかなければなりません。

一方、介護保険適用外の介護タクシーは、ケアマネジャーにケアプランを組んでもらう必要がありません。

そのため自身の状況にあったタクシー会社を見つけて依頼をかけるだけで、利用可能です。

ただ企業によっては、介護資格を有していないタクシー運転手が担当となる場合があったり、送迎と乗降を見守るだけだったりするところもあるので、企業ごとにどこまでサポートしてくれるのかはしっかり見ておいた方が良いでしょう。

介護タクシーは障がいを持った人や高齢者の外出苦を軽減させるもの

介護タクシーというサービスを導入することは、いままで車いすやストレッチャー上で生活をしてきた人の外出苦を軽減させられるようになっています。

ただ、利用する際は正当な手続きと予算感にあった企業を選ぶ必要があるので、自分がどのプランを利用するのかをしっかり把握したうえで、利用しましょう。

有料老人ホーム・
高齢者住宅のことなら、
お気軽にお電話ください!
お気軽にご相談ください
pagetopページトップ