老人ホームの種類と選び方

様々なメディアで連日のように高齢者に関するニュースが取り上げられ、中でも介護に関する悩みは深刻です。誰もがいつかは直面する介護。その不安感を和らげるために老人ホームへの入居を検討される方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは有料老人ホームの種類や選び方のポイントなどの基礎知識をご紹介。よりよい暮らしを選択するための参考になればと思います。

また、皆様のご相談にお応えする際に、以下の基本的な姿勢をもってご対応させていただきます。

民間経営のホームが『有料老人ホーム』

一般によく言われる〝老人ホーム〟には、社会福祉法人、医療法人や地方自治体などにより運営されている公的な介護施設と、民間企業が経営するものの2種類があります。公的な介護施設には「特別養護老人ホーム」「療養型病床群」「老人保健施設」があり、民間経営のものの中で最もポピュラーなのが「有料老人ホーム」です。有料老人ホームは住居とともに、入浴や排泄の介助、食事、介護といった生活支援サービスを提供する高齢者向けの住まいです。厚生労働省が分類している有料老人ホームは左記の3種類ですが、このほかにも、認知症の方に特化したグループホームや、有料老人ホームに近い機能をもつサービス付き高齢者向け住宅などもあります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

2011年の「高齢者住まい法」によって創出。高齢者が安心して継続的に暮らせるバリアフリー仕様の賃貸住宅です。賃貸住宅ではありますが、実態は介護施設のような機能や役割を果たしているところが多いのも特徴です。安否確認だけを行うサ高住もあれば、有料老人ホームとサービス内容が変わらないサ高住もあるなど、サ高住によってサービス内容に違いがありますので、事前にしっかりと確認する必要があります。

有料老人ホームの種類

種別 入居資格 特徴

介護付
有料老人ホーム

概ね60歳以上。
一部に入居時に「自立している方」や「要介護の方のみ」のホームもある。
介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設で、食事や清掃、介護サービスまで、すべてを施設職員が提供します。

住宅型
有料老人ホーム

概ね60歳以上。
一部に「入居時に自立している方のみ」のホームもある。
施設自体では介護サービスは提供されません。個人で居宅介護サービス等の契約を結び、利用することで住み続けることができます。

自立型
有料老人ホーム

概ね60歳以上。
「入居時に健康な方のみ」。
食事や入浴などの生活支援サービスがありますが、家事などは可能な範囲でご入居者本人が行います。介護が必要となった場合は、退去しなければいけない場合もあります。

有料老人ホーム、選び方の流れとポイント

有料老人ホームはそれぞれのホームによって提供される生活支援や介護サービスが異なりますし、ご自身の生活習慣や好みもあります。ホームが気になり始めたら、まずは入居するまでの流れを整理し、ポイントの洗い出しをすることからはじめましょう。

有料老人ホーム基礎知識